網戸張り替え

網戸のリフォーム費用を考える前に知っておきたいこと!

網戸張り替え

網戸は、細かい網状になっているため、部屋の中のチリやホコリ、外のチリやホコリ、どちらの汚れやゴミも付きやすく、そして取れづらいです。そのため汚れが蓄積して、汚くなり傷みやすいですし、何度もブラシなどで洗っているうちに編み目が広がり、網戸の役目を果たせなくなってしまうこともあります。

 

そんな、汚れたり編み目が広がってしまった網戸を、プロの業者に頼んで綺麗にリフォームを考える方も多くいらっしゃると思います。プロの方の仕上がりは素人とは異なり、美しく、そして早く仕上げていただけるでしょう。しかし、出張費用や廃材の撤去処分費用など、1枚や2枚の張り替えで依頼する場合、出張費用を考えると躊躇してしまうという現実もあります。

 

では、網戸張り替えを自分でするとなった場合の費用を考えてみます。材料は全て家にある物、百円均一でも購入することができます。張り替える新しい網戸の網とサッシに固定する新しいゴム、網をサッシに固定しているゴムを外すための先の細いドライバー、張り替える際に網を枠に固定するクリップ4個くらい、良く切れるカッターナイフがあれば張り替えることができます。

 

上の例の場合、ドライバーやクリップ、カッターナイフなどはご自宅にあるでしょうから、百円均一で購入するのは網と押さえのゴムということになりますので、費用は数百円ということになります。古い網は不燃ゴミに出す事になり、その際に指定のゴミ袋などを購入する費用が少しかかりますが、業者に依頼する費用とは比較にならないくらい安くすむでしょう。

 

網戸の張り替えリフォームの仕方については、インターネットを検索すると詳しく説明しているサイトがいくつもあります。数百円程度のことですから、プロに依頼する前に気軽に腕試しのつもりで挑戦してみると、意外と簡単に張り替えられます。2、3枚張り替えてみると、4、5枚目くらいからは格段に綺麗に張り替えられているという実感をもつことができます。

水回りの張替えのトラブルはこうやって防ぐ

網戸張り替え

台所やお風呂等の水回りには、多くの場合、網戸がついています。風通しを良くするために、網戸を設置し、在宅時にはガラス窓を開け、網戸にしておくことで、室内の湿気がなくなり、家のために良い効果を生みだします。

何年間か経つと、網戸が古くなり、ほつれが生じたり、穴があいたりすることがあります。そのままにしておくと、夏場には、蚊等の虫が部屋の中に入ってくることになります。網戸の張替えを行うことが必要になります。
網戸の張替えは、自分達でもしようと思えば出来ることです。インターネット等で検索をすると、張替えの方法が説明されていますので、試みたい場合には、チャレンジをすると有意義です。
自信がない人達の場合には、窓や網戸を扱っている専門店や大工さん、建具屋さんなどに相談をし、専門家に直してもらうようにします。
網の部分を直してもらいたい場合と、戸車の動きが悪く、閉まりにくいことを直してもらいたい場合があります。動きが悪い場合には、戸車にゴミが詰まっていることがあります。ゴミを取り除くと、このトラブルは簡単に解除されることもあります。
自分達で、網戸をはずし、戸車の点検が出来る人達は、自分達で直すことが可能です。自分で直すことで、建具のつくりがよく理解出来て、住まいに対して、愛着をもてるようになります。
建具の調整には、調整ネジをプラスドライバーでまわして調整をするようにします。右方向にまわすことと、左方向にまわすことで、サッシが上がったり下がったりします。メーカーによって、つくりは異なっていますので、調整の仕方を把握することが必要になります。
専門会社に連絡をとると、このあたりのことは、すべてスムーズに行ってくれます。トラブルを防ぐためにも、どういった不都合が生じているのかを、きちんと説明をし、直してもらうためには、どのくらいの費用がかかるのか、見にきてもらい、見積もりを出してもらいます。電話等で状態を話すと、おおまかな見積もりを知らせてくれるところもありますので、納得が出来たら、仕事を早く進めてもらうことも出来ます。

リノベーションとリフォームの違い

網戸張り替え

住み慣れた家も、年月を経るごとに損傷や不便が生じてしまいます。些細なダメージであれば修理すれば済みますが、いつかは根本的な改善を強いられることでしょう。しかしそのときこそが、むしろチャンスになります。自宅の機能性を一新させ、より長く住み続けられる場所にするには、もっとこいのタイミングです。改装というと、リノベーションとリフォームという、2つの方法が提示されます。少し詳しい人手も混同しがちですが、実際には大きな違いがあるため注意が必要です。

両者を隔てるポイントとしては、規模の大小と目指すべき目的があげられます。リノベーションはときとして、間取りそのものを変えてしまうほどの、大掛かりな工事となることが通例です。過去に建設された家屋は、空間が細かく仕切られている形式が少なくありません。そのわりに廊下がなく、部屋の施錠ができないなど、プライベートな部屋を確保するには不向きです。これでは現代的なライフスタイルには適せず、様々な場面で不便を強いられます。そこで余計な壁を取り払い、キッチンなどを使いやすいように広げるなどすれば、たいへん便利です。床を滑りにくいフローリングにすれば、転倒のリスクも減り、ベッドや家具も設置しやすくなります。リフォームが目指すのは、あくまで新築時の状態ですから、これほど大胆な改装を施すことはできません。
自然災害に備えた耐震化工事も、リノベーションの範囲内になります。古い建築基準で作られた家屋は、放置していると財産や生命を失う危険性があり、早期の対策が必須です。この点でも、小手先のリフォームでは間に合いません。また、工務店によってもリノベーションの得手不得手があり、事前の下調べが重要になります。高齢者住宅向けや、災害対策など得意とする分野を見極めて依頼しなければ、満足のいく対費用効果は望めません。リフォームを検討する場合は、リノベーションも視野に入れつつ、信頼のおける専門店に託していきましょう。

デザイナーズリフォームとは

網戸張り替え

最近では、一口にリフォームといっても様々な方法や考え方がなされるようになり、その中の一つとしてデザイナーズリフォームがあります。そもそもリフォームとは、たとえば老朽化であるとか、お風呂やトイレが使いづらいなどで、それを改善することを指します。ちなみに、よく比較されるものとしてリノベーションがありますが、こちらは現状をより良くするもの、価値を高めるものという意味があります。

デザイナーズリフォームは、単に現状を改善して使いやすく、住みやすくするだけにとどまらず、プロのデザイナーや建築家が知恵を絞り、建物をさらに魅力的な空間に変えてくれます。そのため、全く新しい気持ちで生活をスタートさせることが可能となります。近年ではリフォームそのものの考え方が変わってきているため、普通のリフォームがある意味デザイナーズリフォームと捉えられるようになってきています。
デザイナーズリフォームを依頼する場合には、まずどのデザイナーや建築家を選ぶかを考えることが重要です。それぞれによって得意としているデザインや建築方法があるため、誰を選ぶかによって結果が全く異なります。そのため、自分が思い描く空間に出来る限り近付かせるために、誰を選ぶかは慎重に決めるようにしましょう。また、かかる費用や期間を見積もるためにも大切です。
最近では既にデザイナーズリフォームが施された新築の戸建てやマンションなどが増えてきました。とはいえ、もともとがどのような空間であったのかを知らなければ、当該デザイナーズリフォームの価値を見出だすことができません。そのため、ビフォーアフターを確認するためにも、以前の写真などを確認するようにしましょう。デザイナーズリフォームが施された部屋は割高になっている可能性がありますが、住みやすさを重視するのであれば選ぶ価値は十分にあるでしょう。今後はリフォームといえばデザイナーズリフォームが普通になることが期待されています。

マンションリフォームの予算の相場って

網戸張り替え

新築のマンションは高くて手に入りにくいけれども、中古マンションだと壁や床が劣化しているし設備も古くて住みにくい、ということで悩んでいるならば中古を購入してリフォームしてみることも選択肢のひとつです。

 

ただ、そうするときにネックとなるのがリフォーム費用で、あまりに高くなってしまうと、新築を購入する方が良いということになってしまいます。そこで知っておくべきは、リフォームをするために、どのくらいの予算が必要なのかという相場です。

 

業界団体の調査ではリフォーム工事を契約する金額で最も多いのは100万円以上300万円以下となります。キッチンや浴室だけの工事であれば50万円から100万円くらいですから、これは複数箇所の工事とか投げて良いでしょう。

 

無論、物件の広さや地域格差などがあるので、平均以下の金額でも十分に対応できることはありますが、あとで足りなくなるということはないように、この相場の範囲で予算を組んでおいたほうが良いでしょう。

 

なお、家を購入するときには、住宅ローンを利用する人が多いですが、リフォームでは自己資金だけで予算を組む人のほうが多いです。ただ、契約する人の割合が100万円以上300万円以下に次いで多い、500万円以上1000万円以下という金額ともなれば、やはりローンを組んで工事をする人の割合が増えており、1割から2割くらいが借り入れをすることになります。

 

500万円以上1000万円以下という金額的に物件全部の工事をする人が想定されますが、個々まで大きい予算を組むのであれば、返済まで安定した収入が見込まれるという前提で、予算を組む時にローンを利用することも考えるべきです。

 

そして、リフォームをする時に気をつけなければいけないのは、相場以上の請求をしてくる業者の存在です。工事費用は業者ごとに料金設定が異なり、素人には不透明な部分もあります。そういう点を利用して過剰な請求をする業者とトラブルになったときには、自治体の相談窓口などで相談をすることが早期解決のためになります。